Top > 注目 > スキンケアでコットン派の正しい使用方法

スキンケアでコットン派の正しい使用方法

スキンケアの名脇役であるコットンですが、そもそも化粧水などを塗る時にコットンを使用する派と手でハンドプレスする派とわかれています。どちらも間違いではないので、自分のやりやすい方法でスキンケアをしてもらって構わないのですが、コットンを使用する際には間違った使い方をしてしまうと効果が半減してしまうので、気を付ける必要があります。

 

コットンで化粧水を塗る時に「叩き込むようにパッティング」している方がいますが、これは要注意です。肌を叩いてしまうと毛穴が開いて肌トラブルの原因になってしまうので、パッティングするのではなくて優しく押さえるハンドプレスを5秒~10秒ほどするのが最適です。ちなみに専門家などが薦めるのは、コットンで化粧水をつける方法だそうですが、しっかりコットンが化粧水で浸るくらい染み込ませて使用しないと、逆にコットンで肌を傷つけてしまうので気を付けましょう。

 

次にメイクオフやスキンケアの時に、コットンをスライドさせるのも肌には良くありません。摩擦によって角質層を傷つけてしまっているので、乾燥肌の原因を引き起こします。優し肌を拭くようなイメージで使用するのが最適で、肌の古い角質だけを取り去ってくれるので化粧水の浸透率もあがります。

美白化粧品の効果は?

 

 

 

 

注目

関連エントリー
スマホがあると便利だけど本当にそれでいいのかスキンケアでコットン派の正しい使用方法FXは少ない金額から着手する事ができレバレッジをムダ毛処理の後には保湿にも気を配るべきです。剃ったユニークなフラッシュモブを実現したいので結婚式にサプライズを仕込む人気の結婚式フラッシュモブが気になるので
カテゴリー
更新履歴
スマホがあると便利だけど本当にそれでいいのか(2017年2月20日)
スキンケアでコットン派の正しい使用方法(2016年10月18日)
背中脱毛の効果をダメにする原因について考える(2016年3月21日)
いつでもゴミ出しができるマンションに住みたい(2016年3月10日)
豊かな胸を手に入れるためには筋ト(2016年2月29日)